インフルエンザは潜伏期間があります

インフルエンザとは、普通の風邪とは違って身動きを取ることさえ困難になるほどの高熱・関節痛などを引き起こす大変辛い感染症です。
老若男女を問わず感染する危険性の高いインフルエンザについて少しでも知識を深め、傾向と対策を探っていきましょう。

日本では医学的に上気道炎や呼吸器疾患を伴う「流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)・流感(りゅうかん)」とも呼ばれるインフルエンザですが、季節性のものですと通常11月の下旬から12月の上旬にかけて流行することが多く、12月の下旬から翌年の1月・3月に再度ピークを迎え、4月から5月までには流行が収まります。
これだけ長い期間、インフルエンザウイルスは国内で感染を続けるため、もしも発症してしまうと長期の休息が必要となってしまうことから会社員・学生の場合には一刻の油断さえままなりません。

しかし、インフルエンザに対して「絶対に感染しない」という方法は、現在のところ存在しません。
ワクチンの予防接種という方法がありますが、これは感染を予防するものではなく「発症しても症状を軽くできる」という目的で受けるものであって、決して感染することを抑えるためではないという事を肝に銘じておきましょう。
既に感染している人は、インフルエンザ 潜伏期間として何も症状が出ていないことが多く、無意識のうちにウイルスをばら撒いて歩いているような状態です。

ではどのようにすれば感染を予防できるのでしょうか。
確実な方法は皆無と言っても過言ではないところですが、大人数がひしめき合う電車の中や大衆施設などではマスクを着用したり、口腔内にウイルスが入らぬよう手洗い・うがいをしっかり行うなどすれば、ある程度は役立ちますし普通の風邪を予防することも可能です。
基本的なことではありますが、これがとても大切なことなので徹底していくようにしましょう。

また、最近ではインフルエンザ治療薬(抗インフルエンザ薬)は、感染を予防するためにも活用できる商品が多くあります。
代表的な物ではタミフルがありますし、予防にも効くと最近話題になってきている物ではリレンザがあります。
吸引剤であるリレンザは少々使い方が難しいのですが、googleやyahooなどの検索エンジンを開き””リレンザ 使い方“”等のように検索すれば親切なサイトを見つける事も可能です。

万が一に発症してしまった場合にも手元に治療薬を用意しておくことで即座に対応できますので非常に便利です。
このように日頃からインフルエンザが流行しても安心できる体制を取っておくと良いでしょう。