今さら人に聞けない…インフルエンザ

インフルエンザについて詳しく知らない人は多いはず…ここではインフルエンザに関する基本的な知識から対策方法までを詳しくお伝えしています。

子供の咳がひどくて医師から薬を処方してもらおうとしている親子

インフルエンザが流行ったら意識したい感染経路について

インフルエンザが流行った時にまず意識したいのが、感染経路についてです。
それはなぜかというと、インフルエンザは一般的な風邪が細菌が多いのに比べてウイルスであることから一つ一つの大きさが小さく、このため空気中を漂うこともできるため多くの人に感染しやすいという性質を持つからです。
しかし、感染経路を知ることが出来れば有効な予防策も理解することが出来るので知っておくことが大切です。
まず、一番大切なことはインフルエンザが流行している場合には人が大勢いる場所にできるだけ行かないことです。
インフルエンザの感染経路は、空気感染といって空気に浮かんで感染するため多くの人がいる場所にはウイルスが多くいる可能性が高いからです。
とはいえ、学校や仕事などでどうしてもそういった場所に行く必要がある場合にはマスクを着用することが大切です。
このとき、使うマスクとしてはガーゼのものよりもN95規格をクリアしていてウイルスに効果があるもののほうが安心です。
しかし、それを手に入れるのが難しい場合には湿気によってウイルスの働きを低下する効果が期待できるのでガーゼのものでもつけたほうが良いです。
また、漂っているインフルエンザウイルスは乾燥が強いと活性化するので、加湿器などで湿気を増やすことが大切です。
もう一つの感染経路としては、飛沫感染があります。
インフルエンザウイルスは、のどの粘液や鼻水に多く含まれているため、感染している人が咳やくしゃみをしたときに飛沫が飛び散ることで周囲の人に感染します。
飛沫は半径5mにまで飛ぶとされているため、かなりの高い確率で周囲の人に感染させてしまうことになります。
しかしこれは、感染している人がマスクをすることで防ぐことが出来ます。