インフルエンザの重い症状とはなにか

秋から冬にかけて、日本では毎年インフルエンザが猛威をふるってしまいます。そろそろそういう時期がきたと用心しているのですが、本当に毎年のように大流行してしまいます。どうして大流行が避けられないのかといえば、インフルエンザが飛沫感染してしまうということと、ウィルスが目に見えないということと、感染力が非常に高いということがあげられます。
とくに乾燥している時期にウィルスが感染してしまうのですが日本の冬は非常に乾燥しているのでインフルエンザの菌が繁殖しやすい条件がそろっているということになります。インフルエンザになると高熱がでるのですが、高熱がでてから48時間以内であれば、インフルエンザ特効薬であるリレンザやタミフルを吸入すれば比較的に短時間で熱が下がる傾向にあります。ただ、幼児や高齢者の中には重い症状になってしまうケースも珍しくはないです。たとえば、インフルエンザ脳症とか肺炎などになるケースもあります。
これは幼児や高齢者が免疫力が弱くなっているので、病気に対する抵抗力が弱いということにほかなりません。
ですからもし幼児や高齢者がインフルエンザになった場合には、いつでも様子をみて症状のちょっとした変化を見逃さないということもとても大事になってくるのです。重い症状になったときには、まだ薬があるから大丈夫と思わず、再度病院にいくか、罹っている病院の指示を仰ぐことが必要です。緊急の場合は救急車などで搬送してもらうことで命の危険から守れることもありますから、インフルエンザだから、特効薬でなんとかなるだろうと思わないことが必要です。とくに働いている母親の中には、子供を寝かせていれば大丈夫と仕事にでるケースもありますが、すくなくとも罹ってから数日は用心するなどしておけば重い症状を避けることができるのです。